FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

産休に入ります

給食サービス課の主任、富樫栄養士は、明日から出産休暇に入ります。

妊娠中も休むことなく、一生懸命園内を動きながら、栄養士業務や各課の調整にがんばりました。
スイカのように立派なおなかを抱え、無事に産休に入る日を迎えて、私は本当に一安心です。

妊娠中の体調は本当に人それぞれなので、一概に働けないとか働けるとかは言えません。
生まれてくる命を第一に考え、それでも職場の中の立場を大切にして、自分の体と相談しながら働き続けてほしいと思います。

まきば園には、産休、育休を取って職場復帰して、第一線で働く女性がいっぱいいます。
家族の協力に感謝しながら、子育てと仕事の両立を応援していきたいと思っています。

富樫

写真は、理事長と相談員に囲まれた富樫栄養士(左から二人目)です。
スポンサーサイト

日本教育大学院大学

教育委員としての最後の仕事は、日本教育大学院大学(東京都千代田区)の視察でした。プロフェッショナルの先生を育てる大学院です。経営は株式会社栄光。栄光ゼミナールを運営する会社です。株式会社が運営する大学院というのは、特区を取って、設置されたそうです。

日本教育大学院大学

施設内を見学した後は、授業に短時間参加させていただきました。
教育を真剣に考える若い先生たちとご一緒できたのは、とても嬉しかったです。

お話しする機会もあり、日頃考える、学校と高齢者施設の類似点を話しました。学生を見ていても、一生懸命技術の向上に取り組もうとする姿、クライアントに真摯に対応しようとする姿に、職員の姿が重なりました。

ケース検討会

月に一度のケース検討会の日です。

2009ケース検討会

今回は看護サービス課の馬橋看護師がショートステイのご利用時から特別養護老人ホーム入居の現在に至る変化について、そして地域包括支援センターの神尾相談員が振り込め詐欺に危うくあいそうになったなった要支援高齢者の事例です。

看護師の発表は、皆さんに見ていただきたいほどに、愛情にあふれ、お客様が少しでも元気になっていく姿を本当に嬉しそうに話しました。お客様の表情の硬さが取れ、にこやかな笑顔を見せてくださり、温かい言葉をスタッフにかけてくださる、その嬉しさを伝えてくれました。聞いている私も、幸せいっぱいになりました。

相談員は、お客様の微妙な変化を逃さずに動いて、息子の不祥事(?)を自分の恥として話したがらない夫のプライドを傷つけずに、冷静に「いろいろな事件が今はあるから、気をつけてくださいね」と話し、そうしながらも、注意深く真摯な姿勢でお客様である妻に相対して、ご本人たちに話がおかしいと気付いていただきました。被害を未然に防ぐことができました。

スタッフの仕事だけでなく、生きる姿勢が見える発表で、私は幸せな気持ちになりました。
本当は、もう少し多くのスタッフが聞いてくれるとよかったのに・・・・・

地域福祉計画

行田市役所で、地域福祉計画策定のための作業部会がありました。
策定委員も積極的に作業部会に出て、状況を把握しようということになり、私も参加しました。

地域福祉計画は、22年の3月完成を目標にしています。それまでに、「地域福祉」というくくりのとおり、膨大な分野にわたる作業が必要です。
特に今回は、市役所内の各課から主査が集まり、それぞれの担当内で行われている地域との関わりの内容を報告しあいました。福祉系の部課はもちろん、消防本部、商工観光課や道路治水課も出てきます。

会議冒頭の話は、財政担当者から、現状報告でした。収入減、少子高齢化による生産年齢の減少、財政の切り詰め等々、明るい未来はなかなか描けません。
そんな中で、地域でいかに助けあい、支えあい、住みよい町を創っていくのかが課題です。

また、地域の中の問題点を聞き取り調査する「ワークショップ」は、各公民館に事務局と策定委員が伺って、その地域、地域の話をお伝えいただきます。

これからどんな課題が出てきて、どんなまとめ方をしていくのか、楽しみでもありますし、一生懸命考えて行きたいと思います。

上寿のお祝い(その2)

今日は小室様の100歳のお祝い会です。
食堂にケアハウスの方はもちろん、特別養護老人ホームご入居の方も集合して、お祝いしました。ちょうど法人の役員会の日でもありましたので、岩槻、鴻巣の園長はもちろん、理事、評議員さんたちにも参加しました。
正面にはご本人を中心に息子様ご夫妻にご着席いただきました。

小室様上寿4

お祝いのお花とだるまです。
だるまは、お誕生日を迎える方全員にまきば園から名前入りでお贈りしています。でも、これは特別大きいものです。ほかにボールペンをご用意しました。今でも日記に血圧や新聞の見出しを記入することを日課としていらっしゃるそうです。

小室様上寿3

今年100歳の方は、明治41年のお生まれ。長い長い一世紀です。

小室様上寿1

ケアハウスご入居の方々と皆さんで、集合写真です。
まきば園で今100歳以上の方は小室さん以外に3人おいでになりますが、不思議なことに、皆さんケアハウスに最初にお入りになって、その後特別養護老人ホームに移動されています。

ケアハウスって、すごいです。

そのケアハウスで100歳を迎えられた小室様は、もっとすごい!!

小室様上寿2

まきば園給食サービス課特製の箱膳です。


上寿のお祝い(その1)

今日は、ケアハウスにお住まいの小室様の100歳のお誕生日です。

まきば園では、何度か上寿(百歳)のお祝いをしましたが、お部屋でお一人で暮らすケアハウスの方が百歳を迎えられるのは、初めてのことです。

夕食前に、ほかのケアハウスのお客様とスタッフとで、ささやかなお祝い会をしました。

今年行田市の水城公園で取れた梅を使った、梅ジュースで乾杯して、ハッピーバースデイの歌を歌いました。

お祝い会は、明日が本番。ご家族もいらしていただいて、昼食前に行います。また、明日報告します。

小学校の運動会

今日は、行田市内の小学校の運動会です。

秋の雲が空に広がり、北風が少々強いながらも、さわやかな運動会日和です。
校区の小中学校からは、ご招待状を頂戴しますが、今回は、任期満了間近の教育委員として、5校を回りました。
これまで4年間、折に触れ、市内の各小中学校を訪問させていただきました。わが子のときにサボった学校とのかかわりを償いなさいと言われているような気持ちになることも随分ありました。

北河原小学校では、開会式に出席させていただきました。全校生徒約40名の小さな小さな学校です。地元住民の方の運動会と共同開催で、地域と一体になって、地域の方々に支えられている学校です。

北河原小

次に伺った南河原小学校は、町村合併から2年近く経ち、地元の方々の思いは様々でしょうが、行田市立の学校として馴染んできた感じがします。校庭には大きなすずかけの木があり、いつも学校を見守っているようです。

南河原小

続いて桜ヶ丘小学校、そして地元の荒木小学校です。荒木小では、3,4年生のソーラン節を拝見しました。元気いっぱいからだを動かしています。

荒木小

最後は須加小学校。利根川の堤防沿いの自然豊かな学校です。教職員とPTAが協力して夏に整備したという、木陰が生きた通学路も拝見しました。
この種目は、卒業生と児童の綱引きです。卒業生が遊びに来てくれるのも、学校にとっては嬉しいことです。

須加小

教育委員としての任期は、今月末まで、あと数日です。4年間、いろいろなことを学ばせていただきました。

とくに、学校は、老人ホームとの類似性をとても強く感じました。
ある程度の大きさの建物の中に、同じ要因をもつクライアント(児童生徒ー要介護高齢者)が集まり、関わるための教育を受けた職員(教員ー介護職員)がいます。職員は、役に立ちたい、いいことをしたいと思って集まっています。疲れ気味なのも似ています。また、そのクライアントの周りには、一生懸命その人のことを考える家族がいます。(保護者ーご家族)

校長先生のご苦労は、傍で拝見していても、他人事とは思えない、身につまされるものがありました。

これから学校の統廃合や、教職員の世代交代など、問題は山積していて、4年間でお役に立てなかった者としては、申し訳なさが先にたちます。
今後は外から応援したり、学校と協力していきたいと思っています。

パチンコ大会

今日は、年1回のパチンコ大会の日です。
熊谷のパチンコ店「ロメオ」さんからご招待を受けて、まきば園から3チーム15名が参加しました。

近隣の高齢者施設が集まり、出玉を競います。
従業員さんは、玉をどんどん運んでくれたり、飲み物やおやつを配ったりしてくださいます。今日は定休日だそうですが、地域貢献をしようと、もう何年も9月には大会を開催してくれています。

全く費用はお支払いしないのに、たくさんの参加賞や景品を頂戴します。

まきば園の特養・デイチームは3位、ケアハウスチームは5位、温泉デイサービスセンターチームは7位でした。

写真が読み込めず、文章だけになってしまいましたが、後日再度写真の読み込みに挑戦しますので、また見てくださいね。

まきばの温泉デイサービスセンター

今日は、まきばの温泉デイサービスセンターに行きました。
温泉デイは、行田市内の佐間にある日帰り入浴施設「古代蓮物語」の隣です。同じ源泉を使っている、正真正銘の「温泉」デイサービスです。
だいたい、一日40名くらいの方が、ご利用くださいます。

温泉デイ内部

玄関には、布袋様と大黒様がドンと構えています。
布袋

大黒

こんな感じです。

温泉デイ玄関

岩槻まきば園の牛

岩槻の牛1
一昨日はまきば園と鴻巣まきば園の牛をご紹介しましたが、今日は岩槻まきば園の牛です。
午前中、岩槻まきば園ではチーフ会議があって、理事長とともに出かけてきました。

岩槻の牛2

この2つの牛のフィギュアは、数年前にニューヨークのお店で買った、アメリカ生まれの牛です。
3年半前の岩槻まきば園開園のときに、行田からお嫁に出しました。

COW PARADE シリーズで、デザインは牛とは思えないおぞましい(!)ものもありますが、見ているうちに、かわいらしさを感じます。

実際の COW PARADE は、本物の牛ほど大きなフィギュアが街中に並びます。
3年くらい前には東京の丸の内で COW PARADE がありまして、新丸ビル前で見た記憶があります。
毎年世界各地でやっているのかどうか、真相は定かではありませんが、どこかの COW PARADE を見に行くのもおもしろそうですね。 

まきば園の牛

まきば園は、「まきば」なので、牛がいます。たいてい玄関口に並んでいます。

各地に出かけたときに、牛の置物がないか、必ず確認しますが、なかなか牛はありません。国内ですと十二支の置物の一つにあることがあります。でも牛のオブジェは発見が難しいのです。

鴻巣の牛
これは、鴻巣まきば園の玄関にあります。岩槻の陶器屋さん「わた忠」さんが、開園記念にわざわざ作家さんに制作を依頼してくださったものです。ほのぼのします。

まきば園の棚
これは行田の玄関ホールにある棚です。各地で仕入れた牛グッズが並んでいます。

中国風
これは入手経路は忘れてしまいましたが、どこか中国風。おなかが開いて、小物を入れられるようになっています。

ほかに、世界各地で行われている COW PARADE のフィギュアがあります。とても個性的な牛の数々。これから少しずつご紹介していきます。

相談員の会議

まきば園は、行田の「まきば園」と、さいたま市の「岩槻まきば園」、鴻巣市(旧吹上町)の「鴻巣まきば園」と、3か所あります。このブログでも、普段も、何もつけないときは、本部がある行田のまきば園のお話です。

そのほかに、「まきばの温泉デイサービスセンター」が行田市佐間にあります。


さて、その3施設の相談員が行田に集まって、情報交換とケアプランの検討を行いました。各施設の園長も含め、総勢17人でした。
相談員は一人でお客様とお話したり、考えたり、事業所を訪問したりと、孤独な仕事になりがちですが、周りに仲間がいることで、相談をしたり、愚痴を言ったり、少し緊張をほぐすことができます。

お客様のより良いお手伝いができるように、協力し合いながらがんばっています。

居宅会議

お客様です

さいたま市にある特別養護老人ホーム敬寿園と原殿園から施設長さんと職員さん4名が、鴻巣まきば園を見学に来られました。

原殿園は、開園以来33年にもなる施設だそうですが、今回敬寿園を運営する社会福祉法人欣彰会がさいたま市から委託を受けて、施設整備を行っています。4月開園を目指して、施設長さんを中心に職員の方々は頑張っておいでになります。

原殿園

今年4月に開園した私たちの鴻巣まきば園を以前ご覧になった敬寿園の園長さんのご推薦で、特に家具を中心とした備品をご覧になりました。

私たちは介護の専門用品よりは、より穏やかな、気持ちの良い空間を目指して、壁紙や床材はもちろんさまざまな備品を選んでいます。それを皆さんは「おもしろい」と思ってくださるようです。購入価格もとても大切な要素です。

鴻巣をご覧になった方は、どのようにお感じになりますか?

埼玉県運営適正化委員会

運営適正化委員会

埼玉県社会福祉協議会内にある運営適正化委員会は、様々なサービス事業者に対する苦情を、お客様に代わって伝える機関です。なかなか直接は言えないと感じる方や、言っても何ら対策が取られないと思われた方が、仲介を依頼されます。

まきば園に対して何か苦情があっておいでになったわけではなく、運営の現状を聞きにおいでになりました。これまでのサービス内容に関するこれまでのお問い合わせの内容や、ご意見、苦情、園の第三者委員の方について説明をし、その対応方法について意見を交換しました。

園則会議

まきば園では月に一回、「園則会議」を行います。ケゾウジコウエンエンソクカイギといいたくなるようなネーミングですが、3つのまきば園が共通の決まりごとを作るために始めた会議です。
最初は、ユニフォームの着方や休暇のことなど話していましたが、今は合同研修会合同企画の旅行のことなど、責任者が集まって決めています。

園則会議

各施設の責任者の面々です。真ん中の黄色のアロハシャツを着ているのが、理事長です。

高校生

今日は高校生の就職活動解禁日です。
まきば園では3人の高校生の面接を行いました。皆さん可愛い笑顔の、元気あふれる女子高生です。

高校生採用面接

来年4月から、一緒にお客様のためにがんばってくれることを期待しています。

敬老の日

久しぶりに9月15日の敬老の日です。
まきば園は、「毎日が敬老の日」ですので、特に大きな行事は行いません。ささやかなお祝い膳と、自治会の敬老会で配られた行田銘菓の「十万石饅頭」を、お召し上がりいただきます。この十万石饅頭は、焼印を変えて「まきば饅頭」にもなりますので、いつかご覧いただきたいと思います。

さて、何もしませんが感謝状はお渡しします。職員を見るに見かねて(?)日々お手伝いくださる方々に感謝状をお送りしています。タオルをたたんだり、テーブルをきれいに拭いたりしてくださる方々です。また、喜寿、卒寿、米寿、白寿、上寿の方々にも形ばかりですが賞状をお渡ししています。まきば園でのお祝い会は白寿上寿になってからですので、世間一般でお祝いする喜寿、卒寿、米寿の方にとっては、先の長い話です.

敬老感謝状(特養)

特別養護老人ホームのお客様にはお部屋に伺って、ケアハウスのお客様には夕食前に食堂で、お渡ししました。

敬老感謝状(ケアハウス)

ゲリラかき氷

 夏のハワイアンまつり用の大きな氷が少し残っていました。スタッフの発案で、暑い日に突然、ゲリラ的にかき氷が用意され、配られました。今日は2回目です。
かき氷(職員)


 施設管理課の男性職員が、一生懸命氷をかき、栄養士や調理員、相談員が園内のお客様に配って歩きました。あらかじめ栄養士が用意したおやつではなく、突然のプレゼントなので「ゲリラ」です。これで夏の氷はおしまいです。
 まだまだ暑い初秋の午後です。みなさんにこにこしながら召し上がってくださいました。
かき氷(デイ)
プロフィール

根岸節子

Author:根岸節子
老人ホーム「まきば園」の毎日をつづります!

最新記事
マイナビエントリー受付中!
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。