スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おめでとう!


お知らせしたように、投票の結果、まきば園の仔牛の名前は「スマイル」に決まりました。
短い期間に48通の投票があり、スマイルはそのうち約2割の票を獲得しました。そのほかの名前とは、実は結構接戦でした。3票差の中に4つの名前がありました。

スマイル

「スマイル」という名前を出してくれたのは、ケアハウスの尾谷美由紀さんです。賞品のロイズの生チョコは、今回奮発して3つの味のセットです。ご家族で味わってください。

「スマイル」という名前は、まきば園にぴったりですね。
投票理由の中にも
 笑顔で出迎えてくれる、という意味をこめて
 笑顔が素敵だから
 笑顔は大切だと思うから
と書いてありました。

記念写真の撮影のあと、尾谷さんは、玄関でスマイルちゃんを見るたびにみんな笑顔になるんだ!と言っていました。

みんなスマイルでがんばろう!
スポンサーサイト

うしのなまえ

投票第1位は・・・・

スマイル ちゃん

詳細は後ほど。

投票をお願いします

久しぶりの雪の朝になりました。
各施設のデイサービス送迎車、ヘルパーさんの車、十分に注意して運転してください。

更新をさぼっている間に、アクセス数が1000を超えました。皆さん、ありがとうございます。もう少し真面目に更新しようと、今は心から思っています。
1001を当てたのは、実は我が家の娘ですが、ジャスト1000はどなただったのでしょうか。思い当たる方は教えてくださいね。

さて、牛の名前、今日から投票箱をまきば園の受付カウンターに置きます。
どの方も1票ずつ入れてください。今回は職員に限らずお客様にもご意見を伺います。

締切は23日(月曜日)正午です。

候補は
スマイル / あい / めい / モア / フラ / もも / ロイズ / きさらぎひめ / アロ / せっちゃん 
以上10です。

さあ、ロイズ生チョコは誰の手に

取材

まきば園のパンフレットは今仕上げに向けて最後の追い込みのところです。各施設で配布分が足りず、ご迷惑をおかけしているお客様もいらっしっしゃることと思います。申し訳ございません。来月初めには各施設に届く予定です。

さて、学校もパンフレットを新しくしているようです。

栗原1

2月17日には、埼玉県栄養専門学校(熊谷市)から、卒業生で当園で働いている調理員栗原麻友さんの取材に、今井先生がおいでになりました。ご自分で写真を何枚もとり、栗原さんから園のこと、仕事のことなどお聞きになり、まとめていらっしゃいました。

栗原3

栗原さんは昨年4月採用の職員で、もうすぐ後輩が入ってきます。一年間、がんばって早番、遅番の仕事を覚え、ここ数ヶ月は温泉デイサービスでの研修もこなしています。

栗原2

栗原さんが載ったパンフレットを拝見するのが楽しみです。


おなまえ

まきば園の玄関にお目見えした仔牛。予想外に皆さんに可愛がっていただいて、感激しています。

早速名前を付けた鴻巣まきば園にならって、こちらまきば園でも名前を募集することにしました。約4日間、タイムカードのところで投票を待っていましたら、なんと25通もの応募がありました。これも感激!

決して、採用者に差し上げようという「ロイズ生チョコ」が効いているわけではなく、これもスタッフの皆さんのまきば園を愛する心か、またはそれほど牛がかわいかったか。

名前を拝見していて、スタッフの皆さんの一生懸命考える姿が目に浮かぶようでした。

でも!まず却下は6枚。男の子の名前はバツです。
あの子は乳牛です。今回初めて、牛乳を搾る牛は「メスである」と知った職員も一人ではなかったようですが、間違いなく、乳牛はMではなくFでございます。
そのため、「君」「助」とご自分で書いた方も含め、男名は外させていただきました。

また、「マッキー」「まきこ」等、鴻巣まきば園の牛についた名前に近いものも外させていただきました。

  

その結果、以下の名前が第2次審査に進みました!

モア
スマイル
ロイズ
歩歩(ぽっぽ)
みるく
きさらぎひめ
フラちゃん
もも
めいちゃん
アロちゃん
あいちゃん
せっちゃん

いずれその名前となったときには、命名の由来???を聞いてみたいものも多くあります。

  

なお、以下は名前として呼びにくいという点を考え、外させていただきます。
まきばモオ
MOW者
ウシ氏のウシッシュ(ウイッシュ?)

私としましては、「まきのしん」というのが結構気に入ったのですが、女の子ですので、ごめんなさい。

2次審査の結果は後日発表します。3次の最終審査は、再度投票です。3~5点を掲示しますので、また投票をお願いします。




牛がやってきました!

今日からまきば園の玄関で、仔牛が皆さんをお出迎えします。

この牛は、さいたま新都心のコクーン出身で、意外と都会の生まれなのです。
コクーンをふらふらしていた時に、目が合ってしまいました。

牛1

ちょっと大きすぎるベルが、ご愛嬌です。結構いい音がするのですよ!

牛2

玄関を入ると、つい微笑みたくなるような愛らしさです。
皆さん、可愛がってくださいね。

牛3

兄弟が、岩槻と鴻巣のまきば園にもいます。同様によろしくお願いいたします。

新人研修

久しぶりに新人研修をしました。
1日で、全部のサービスの話をするので、とっても駆け足です。各主任が交代で話をしていきます。

今回の対象は7人。
皆さん緊張しながらも真剣に聞いています。

研修1

担当の渡辺寿恵さんもがんばります。

研修4


最後は、理事長のお話です。

研修2

まきば園に馴染んで、大切なスタッフのひとりになる日はすぐそこ。楽しみに待っています。


お楽しみ献立

今日は節分。節分は立春、立夏、立秋、立冬の前日すべての日を元々は意味したそうですが、現在は、立春の前の日だけを言うようになったそうです。
春待ち遠しいこの日は、まきば園では「お楽しみ献立」の日です。
夕食に、少しお金と手間をかけたお食事をご用意する日です。今回は給食サービス課の丸山君が、握り寿司を用意してくれました。

寿司1

まぐろと海老と卵に太巻きですので、シンプルなお寿司のお膳です。

寿司2

この写真は、特養のお客様向けのお膳です。巻き寿司の周囲が普通の海苔ではなく、噛み切りやすいようにとろろ昆布シートを使っています。

写真ではお見せできませんが、ケアハウスとショートステイのお客様には、箱膳のおかずがついて、豪華度大幅アップです。

キッチンの皆さん、ご苦労様でした。


お葬式

4~5年前に、母校で「文章の書き方講座」のような卒業生向けの短期間の講座があり、四谷まで月に一度通った時期がありました。講師は、現在は日本ペンクラブの会長をなさっている作家の井上ひさし先生。井上先生も学部も年代も違うとはいえ同窓生で、お忙しい中お引き受けくださったようです。

何回かの講義のあと、800字作文を提出することになり、私は「長寿銭」というタイトルで、幸せなお葬式の話を書きました。
長寿を全うされた方のお葬式は、いなくなった寂しさはあるけれど、久しぶりに会う親戚が思い出話に花を咲かせたりして、お年寄りが再会の場を作ってくれているような、そんな力を感じる、長寿銭が出るお葬式はいいなあというようなことを書いた記憶があります。
一方で、若い方のお葬式はたまらないもので、とても出席なんてできず、失礼してしまうこともあると、書いたと思います。

そこで私は、こまつ座の女優になる道を逃したのではないかと思っているのですよ!!

100人くらいの受講生のなかで、先生が選ばれた何人かに入り、全員の前で読むことになりました。
しっかり読めればよかったのですが・・・ ゆっくり読んだつもりだったのですが・・・

井上先生のお言葉は、
「文章の良さが全然出ていない!」
でした。

きちんと読めれば、私は今頃井上先生の主宰するこまつ座の看板女優となっていたかもしれません?!


明日私は親しい友人の告別式で弔辞を読みます。出席を逃げていた若い人のお葬式です。
涙でぐちゃぐちゃにならないように、しっかりと読んで送ってあげようと思います。


プロフィール

根岸節子

Author:根岸節子
老人ホーム「まきば園」の毎日をつづります!

最新記事
マイナビエントリー受付中!
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。