FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

個展

今日は理事長と銀座の個展を見に出かけました。
この個展は、理事長の大学の後輩で、学校の先生をしている方が習い始めて、初めて開いた個展です。

会場のビルは、とってもレトロで素敵な建物でした。
これはエレベーターの階を示すものです。針がグーッと回ります。

個展1

エレベーターの扉は手動の上に二重です。内側の黄色を閉めないで降りてしまうと、そのままエレベーターは動かず、ほかの階で呼んでも全く来ません。
返って安全かもしれませんね。

個展2

まるで昔の映画で見るようなエレベーターです。
お客様と行ったハワイのレストランの業務用エレベーターも、大きさは違いますが、こんな感じでしたね。

個展4

ビルの入口の郵便受けです。「全室!ギャラリー!!」に近い状態でした。

個展3

個展の主催者の本山さんです。
最終日の終了時間だったため、息子さんやご両親、ご友人もおいででした。

作品を数枚購入し、3つのまきば園で飾らせていただくことにしました。

個展5

この建物は築70年だそうです。両脇のビルは、たまたまでしょうが、建て替え工事中でした。
銀座にもこんな場所があるのですね。



スポンサーサイト

101歳!

今日は敬老の日にちなんだ感謝状を特別養護老人ホームのお客様にお渡しし、午後からはケアハウスの最高齢101歳のお客様のお祝い会を開きました。

小室様1

息子様ご夫妻にもおいでいただき、ささやかな、でもケアハウスのお客様が勢ぞろいしたお祝い会を開かせていただきました。

101歳とは思えないお姿に、出席された皆さんは改めて感動しました。
ケーキのろうそくを吹き消すのも、お一人でOK

小室様2

その後ケーキの切り分けには、まきば園スタッフ代表主婦二人が出ましたが、少々難航いたしました。

小室様3

長いお知り合いの元愛泉苑苑長さん、伍井章氏にもお越しいただき、ご挨拶をいただきました。

また、ケアハウスのお客様からもお祝いのご挨拶をいただきました。丹精こめた枝豆を朝早くから収穫して、会に間に合わせてくださいました。

小室様4

ちょっと涙ぐんで、ご挨拶くださいました。

小室様5

来年もお元気にこの日が迎えられますように!




休暇旅行

少し時期は遅くなりましたが、一週間今年の夏の休暇をいただきました。
家族4人で、思い切って、ハワイ島に行ってきました。なぜハワイ島かというのは、成田から直行でいけるからです。

毎年まきば園のお客様をハワイにお連れしていましたが、今年は残念ながら募集時期が新型インフルエンザ騒ぎでとてもご案内できる雰囲気ではなく、中止になってしまいました。

毎年オアフ島のワイキキを中心に滞在していただいているので、いつの日か憧れのネイバーアイランドへお連れしたいと思っていました。
だから、今回は、まきば園のハワイ旅行の下見(!)も兼ねていったつもりなんです。

成田からハワイ島のコナ国際空港へは、日本航空の直行便があります。
コナがどんなところかもあんまり気にせず、コンドミニアムを手配して、出かけました。
アメリカのハーツレンタカーは、“HERTZ NEVER LOST”(迷子にならない)というナビがオプションで付けられるようになっていて、理事長があまり心配しないで運転手を引き受けてくれます。

風景3

空港からホテルまで、驚くほど、何もありません。

ハワイ島の観光の目玉は、大自然です。

中でも
①最高峰のマウナケア火山の山頂でサンセットと星空を見る
キラウエア火山の溶岩やガスの噴出を見る
と言うのがポイントのようです。
マウナケアの山頂付近は天体観測に最適で、各国の天文台もあり、日本も「スバル天文台」がありまして、その内部を見学することができるようになっています。

残念ながら下準備に時間をかけなかった報いで、マウナケアもスバル天文台も滞在期間は定員オーバー。頂上に上がれる人数は毎日ハワイ州政府が制限しているそうです。
10日後ならOKといわれても、それは私たちには無理な話なのでした。


ハワイ島は広くて、ちょっと移動するにも1時間前後は楽に車に揺られます。
空港から滞在したワイコロアという地区は30分程度のドライブだったので楽でしたが、もう一つの町ヒロまでは2時間近くかかるのでした。


キラウエア火山の見学は、現地のツアー会社に申し込んで、10名のグループに入りました。なだらかな山を猛スピードで車が登っていきます。

キラ3

途中で、溶岩が通ったあとにできた洞窟を見たり、博物館を見たりして、ハイライトの海に流れ落ちる溶岩を見る!ことになっていました。延々と溶岩の上を歩いていきます。

キラ4

う~ん。これは車椅子では難しい・・・・

行く前には手袋(転んで手をついたら怪我をする)、小型ライト(夜暗くなってからの足元を自分で照らす)などを渡されまして、一生懸命歩きました。

キラ1

海に溶岩が落ちたところからは、水蒸気が上がっています。

キラ2

世界中から集まったたくさんの人が、溶岩の上に腰を下ろして、不思議な風景に見入っていました。

    


溶岩を思う存分堪能した後は、マウナケアに沿って走るサドルロードに入り、星がよく見える地点を探して、満天の星を味わうことになっていました。
天候には運がつき物です。今回はあまり運に恵まれなかったようで、雲がかかり、満喫するところまではいきませんでした。でも、ガイドさんが持ってきてくれた天体望遠鏡で木星をしっかりと見ることができました。また、天の川を見たのは何年振りでしょうか。

ただ、山の中、おまけに夜9時~10時なので、とっても寒かったです。

風景4

以上の通り、まきば園の旅行の下見としては、なかなか難しいという結論に達したことはお分かりいただけると思います。

それでも、私の大好きな、花とやしの木をたくさん写真に収めてきました。

花1

花2

花4

1

2

3

5

やしの木

帰ってきて、翌日車のラジオをつけたら、児童合唱団の「虫の声」が聞こえてきました。
いつの間にか、秋になっていました。




星☆次郎さん

4日金曜日、演歌歌手の星次郎さんがおいでになりました。
たくさんのアーティストがまきば園にはやってきますが、男性の演歌歌手は珍しい存在です。

星次郎1

明るいオレンジ色の衣装で、遠くからでもよく見えました。

星次郎2

新曲の「きっと帰るさ函館へ」「泣きぐせ」もご披露いただきました。

星次郎3

お客様も大好きな、北島三郎の曲のメドレーもありました。
これは、まきば園ではこれまでなかなか聞けなかったタイプのナンバーです。

星次郎4

お客様にも歌っていただきました。
全員で「青い山脈」「北国の春」を熱唱です。

北島三郎の「祭」で最後は締めました。

星次郎6

最後には、星さんをご紹介いただいた、評議員の鈴木一郎さんにもごあいさついただきました。
鈴木社長も、本当はオンステージができるくらい、歌がお上手です。

星次郎7

またお越しくださるのを、楽しみにしています。



プロフィール

根岸節子

Author:根岸節子
老人ホーム「まきば園」の毎日をつづります!

最新記事
マイナビエントリー受付中!
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。