スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハワイふたたび その1

やっと日本に帰ってまいりました!

今回、ブログの海外からの更新は初めてだったので、チャレンジすることが私の仕事の一つでした。無事に更新できて、留守番のご家族やスタッフにも見てもらえて、なによりでした。


旅行の楽しみは、一つ目が行くまでの準備、計画、そして二つ目は本番、また三つ目が写真の整理や思い出話と、三連弾です。
ここでしばらく、三つ目の楽しみを数日味わいたいと思います。

まずは、初日のモアナルアガーデン。ブラザートムさんと撮った写真です。快く写真に収まっていただき、ありがとうございました。とても小さくしか写っていないので、アップするのは許可をいただいていませんが、お許しくださいね。

1

ピンクの花がいっぱいに咲いていました。私は勝手に満開と思っていましたが、ガイドさんによると、8月が最高だそうです。

2

この大きなアメリカねむの木の下に来ると、木のパワーをいただくというか、木に守られている気持ちになります。

3

いつもここから、私達のハワイ旅行は始まります。











スポンサーサイト

いよいよ帰国




出国審査を終えて、免税エリアに入ってきました。楽しかったハワイとお別れです。

残ったドルを両替中です。
みなさんお元気で帰国できそうです。たくさんのお土産話を持って帰ります。待っていてくださいね。




最終日




ハワイ滞在最後の夜は中華料理をおいしくいただきました。

たくさんのお料理を前に、わいわいガヤガヤおしゃべりして、楽しく過ごしました。

もうお腹がいっぱいで、心もいっぱいになった頃、サプライズがありました。

6月生まれのお客様が3人いらして、ケーキを用意していただいて、ハッピーバースデーを歌ってお祝いしました。

写真は最高齢86歳の坂本様です。

とても幸せなハワイの締めくくりになりました。




ワイキキの付け足し




泳がれたお客様は、このかたです。積極的に海に向かって行かれました。 




ワイキキビーチ






いよいよハワイ3日目、ワイキキビーチにやってきました。

みなさん順番に水陸両用車椅子を使われ、波乗りを楽しまれました。

今年は、なんと、泳がれるお客様もおいでになりました。

ひととおり楽しまれたあとは、スパむすびとサンドイッチで腹ごしらえ。休憩のあとは、ショッピングに出かける予定です。





ロブスター





今日の晩ご飯は、ハイアットリージェンシーににあるシーフードレストランです。昨夜のステーキがまだお腹に残っているような気分で心配でしたが、みなさま良く召し上がってくださいました。

ノンアルコールのカクテルも注文され、雰囲気が次第に和んでいきました。写真メニューの様々なカクテルをご覧になりながら、楽しそうにお選びいただきました。

ロブスターはもちろん、ベイクドポストの大きさにも圧倒されたのでした。

私としては、細かく刻んだカリカリのベーコンとサワークリームのソースが、ロブスターにもポテトにも合って、美味でございました。

明日はいよいよ、ワイキキビーチです 





スーパーマーケット





ドールプランテーションに行ったあと、オアフ島一周の最後は、ワイキキ近くのセイフウエイというスーパーマーケットに行きました。

みなさん、ガイドさんの話を聞いて、100%コナコーヒーを探しました。クッキーを見たり、果物を見たり。

あるスタッフは、カップヌードルとポッキーを買いましたが、その真意はわかりません・・・・・・



ハナウマベイ




午前10時を過ぎました。ハナウマ湾の展望台です。緑にも青にも見える遠浅のきれいな海です。

土曜日にしては、あまり人が多くなくて、いい感じです。入場制限も厳しくなっているかもしれませんね。
お客様もきれいな眺めを楽しまれました。




おはようございます!



ハワイ2日目です。オープンエアのテラスで、みなさま気持ち良く朝ご飯です。
ハワイではあまり虫に悩まされることはないのてすが、鳩やらなんやら、鳥はいっぱいいます。

特に鳥が不得意なスタッフのところに寄って行きます。不思議なものです。

これからオアフ島一周に出かけて来ます。

晩ご飯





初日の晩ご飯は、ホテルのすぐ近く、ロイヤルハワイアンセンターで、ニューヨーク風ステーキです。みなさんその迫力に圧倒されながら、たくさんいただきました

食べている写真は非公開!です。
ダメ押しのアイスクリーム三連発(マカダミアナッツ、カシス、チョコレート)をおまけにアップします。
この他に。おいしいパン、シーザーサラダ、ロブスターのスープ、コーヒー、ですから、前人未到の食事量っていう感じです。

意外とみなさんたくさん召し上がってくださったので、私は嬉しかったです

お料理の写真から、楽しいお食事風景をご想像ください。




お昼ご飯



お昼のレストランに到着しました。スタッフはコーヒー用の砂糖を珍しがって、持ち帰ろうとしています〓いよいよ珍道中の始まりです。

モアナルアガーデン



こちらは午前11時半です。ドライバー兼ガイドさんのお話を聞きながら観光しています。アメリカネムノキがあるモアナルアガーデンに行きました。

ピンクの花が満開です。

偶然にも、熊谷出身のブラザートムさんに会って、一緒に写真を撮ってもらいました。帰ったら、お見せしますね。

到着しました!



無事ホノルルに到着しました!

サプライズ

いつもサプライズをくださるお客様から、嬉しいプレゼントがありました!

故郷北海道の、美瑛の丘にまきば園をなぞらえてくださいました。

1

どこに飾ったか、お分かりになりますか?

2

いつもありがとうございます。



中間浴と新人

まきば園は、平成6年11月の開園ですので、あと数か月で丸16年を迎えることになります。
園内の壁紙を張り替えたり、職員が一生懸命清掃したりして、なんとか表面はきれいに保っていますが、昨年大がかりにエアコンを入れ替えたり、ボイラー室の修繕が入ったり、食堂の床を少しずつきれいにしたりなど、裏側は結構大変な状況になってきました。

今回は、中間浴のお話です。これも開園時にアビリティーズという会社から入れたもので、もともとは椅子の上下をハンドルを回す、手動で行っていました。その椅子を支えるワイヤーがそろそろ限界か!ということで、入れ替えを検討しています。

ほとんど同じ形で、手動がバッテリー付きの電動になっているものを試作して、アビリテーズさんが昨夜お持ちになりました。

1

ところが、スポッと差し込む穴に、お話では0コンマ何ミリのところで入って行きません。
そこから、長い作業が始まりました。ごくわずかのその差を縮めるために、やすりで磨いて少しずつ細くしていきました。

私は午後9時前に宿直に任せて帰ってしまいましたが、なんと作業は、時計の針が12を回ったところまでかかって終わったそうです。
大変お疲れのところ、改めて今朝担当の中山さんが来て、使い方を説明してくれました。

これがバッテリーです。1回の充電で、50人の上下が大丈夫だそうです。

2

動かし方は、手動と電動の違いだけで、大きくは変わらないようです。

6

3

職員はさすがに使い慣れていて、微妙な動作も素早く行います。座面の脱着も手慣れたものです。

4

デイ主任鯨井さんの何年ものお風呂介助の成果を見るような、華麗な動きでございました。




           

さて、続いてきた新人さんの作文紹介も、これが最後です。トリを務めるのは、介護サービス課の深町彩希さんです。深町さんは障害を持ちながらも、特養のお客様のために、備品整理や清掃に、一生懸命取り組んでいます。

研修会場で、先輩たちに囲まれた深町さんです。

5


「初給りょう」

私は羽生ふじ高校に通っている時にまきば園で実習させていただいてその時からまきば園で働きたいと思っていました。まきば園に就職できて本当によかったです。
初給料をいただいて私は母にカーネーションを、父には服を、祖母には母と同じでカーネーションをプレゼントしました。とても喜んでもらえてよかったです。羽生ふじの先生方にもなにかもって挨拶に行きたいと思っています。



いつもやる気いっぱいの深町さんです。就職までは、ふじ高校の先生方は、それはそれは心配して、何度もまきば園においでになりました。ぜひお礼に伺ってくださいね。



ホタルと新人

さて、関東も梅雨入りしましたが、まきば園はハワイ旅行の準備が着々と進んでいます。
12日のお客様への説明会に引き続き、18日は、職員のミーティングを行いました。

そして18日夜には、恒例となった「ほたる観賞会」を行いました。

評議員の松本さんが大切に育てられた蛍です。ほとんどは古代蓮公園に放すそうですが、毎年50匹程度をまきば園に譲ってくださいます。

午後7時半頃からが見ごろだと言っているのに! 気の早いお客様は、6時過ぎに会場のケアハウスサロンに集まって来られました。

1

でも、これじゃあ、いくらなんでも見られません。
こうでなくちゃ。

3

このわずかな緑の光がほたるさんです。
本当に7時半を過ぎたころから、これでもか、これでもかと、光ってくれました。少しゆっくりと来られたお客様は、最高の蛍の光ショー!をご覧になったのでした。

それにしても、「蛍の光」では、絶対勉強なんかできません。

廊下では、給食サービス課主任の森田さんが、梅ジュースを用意して待っていてくれました。

4

今年皆さんが一生懸命穴をあけた梅です。

もう、梅のエキスがいっぱい出て、美味しいジュースになっていました。

5

みなさん、ホタル観賞会のあとは、ゆっくりとお過ごしになりました。

6

松本さん、毎年ありがとうございます。


           

今日の新人さんは、埼玉県立妻沼高校を卒業して就職した、田中翔子さん18歳です。もちろん、全く介護の勉強はせずにこの世界に飛び込んでこられました。
作文からは、一途さが伝わってきます。

1

 

「感謝の気持ち」

 4月に社会人になり、初給与を5月に頂くことが出来ました。
 就職するまでに、私はたくさん悩んで、自分が進む道が本当に正しいのかって毎日考えました。何も行動しないで悩んでいるより、自分の夢に進もうって決めました。まきば園で働き始めて、自分の夢が叶ったと思いました。ちゃんと自分の夢だった仕事をして頂いた給与は、なににも比べられないくらいうれしかったです。
 その給与で、今まで沢山心配や迷惑をかけお世話になってる母に日ごろの感謝の気持ちを込めて、日ごろあまり洋服を買わない母に、洋服とサンダルとカーネーションをプレゼントし、あとは何をあげたらいいか分からなかったので、少しでも生活の足しになるようにと給与をわたしました。
 今まで日頃なかなか母に「ありがとう」とか感謝の気持ちを言葉にする事が出来ずにいたので、母の日って事で初めて手紙を書いて感謝の気持ちを伝えました。お金を働いて貰うことの大変さを知る事ができて、一歩大人になったのかなって思いました。母の働く大変さもわかり、本当に感謝しなきゃいけないと思った。これから社会人として責任を持ち何事にも恥ずかしくない行動をしていかなきゃいけない事、これからは親に職場の人達に感謝の気持ちをし、常に誰かに支えられてる事を忘れないで仕事を一生懸命自分なりに正確に覚え頑張っていきたいと思います。
今回ちゃんと母に初給与で感謝でき、よろこんでもらえて私はすごくうれしかったです。



田中さんは、写真を撮るときに、改めてアロハを着てくれました。
真面目さ、一生懸命さは、きっと報われますよね。頑張ってくださいね。









研修会と新人

今日は研修会がありました。
毎月、外部研修の報告会や、ケース検討会を行いますが、今回は特別バージョンです。
これまでもヒヤッとしたり、ハッととしたことが、誰しもあると思われる「誤薬」と「園外徘徊」について、現状を報告し対応策を考える発表でした。

まず園外徘徊について、これまでの実例と対応策を検討したショートステイサービス課の関口さんの発表です。

1

誤薬については看護サービス課の馬橋さんが報告しました。

2

聞いているほうも、普段より真剣に感じたのは、私だけでしょうか。
身近な話を実例を交えて、とてもわかりやすいまとめ方でした。

たぶん、普段のケース検討会も、漠然とお客様を紹介、説明するよりは、問題とする点一つに絞って、検討するほうが聞いている人もわかりやすいし、自分の問題としてとらえやすいと思います。

次回、発表を楽しみにしています。

発表が終わり、ほっとした表情の関口さんと馬橋さんです。

3





さて、パッチさんとクラウン隊の報告を続けていたら、新人の作文を読んでいただくのが後回しになってしまいました。久しぶりの登場は、高橋メリーローズさんです。高橋さんは、今年埼玉県立誠和福祉高校を卒業し、同時に介護福祉士の資格試験にも合格しました。
専門学校とは違って、高校の福祉過程では、卒業が資格取得の条件にはならず、受験資格のみが与えられます。難関を突破して、資格を持って、園の職員となりました。

言い回しに違和感を感じられる方もおいでになる思いますが、今回はそのまま、掲載させていただきます。真面目な高橋さんの気持ちがよく伝わる文章です。


1

「初めてのお給料日」

 5月10日月曜日に、初給料のお金を引き出しました。そこでまず、親にしてあげられると思ってした事は、5万円を家族の生活費にあてました。ほんのわずかですが、家族を養う為に一生懸命働いてくれている父の助けにもなったのかなと思います。これからも、続けられたらと考えています。二つ目は、私の好意で、家族みんなと一緒にお食事をしました。初めてのお給料日で家族とお食事がしたいというのは、高校生の時からの夢でした。家の近くのココスに行って、みんなの好きなものを各自自由に選んでもらって、美味しく楽しくいただきました。小さな夢がやっと叶える事が出来て、とてもうれしく思います。そして、私が一番感謝をしたい母親に、植木のお花をプレゼントしました。私の母は、家の周りにお花を植えるのが好きなようです。なので色とりどりでたくさんのお花を飾ってもらいたくてプレゼントしました。今月の初給料日は、家族(特に両親)に感謝の気持ちを込めてお金を遣う事ができました。その想いを皆に言うまでのことではないので伝わったかどうかは分かりません。ただ喜んでもらえたような気がします。今までは、両親や祖父母が、私と弟と妹の為に鳴ってきました。そこで今回からは私も養うためのお手伝いをする立場に加わった訳ですが、初めて働くことの大変さを実感させられました。また、両親が私達を育てていくためにどれだけ苦労して頑張って働いてくれたかが身に染みました。私は早く社会人として働かせていただいている訳ですが、社会は学校とは違ってそう甘くはなく責任感というものを持って日々を過ごさなければいけないのだと言う事も考えさせられました。しかし、自分が好きで選んだ仕事なので、一生懸命頑張ります。そして、いつも支えてくれる人達や家族のためにも日頃の感謝を忘れず働いていきたいです。



たぶん、お父さま、お母さまともに、やさしい方なんでしょうね。温かい家庭の雰囲気が、今の高橋さんを作っているのだなと良く分かる文章でした。
いろいろな言葉のニュアンスや言い回しは、これからたくさん本を読んだり、周りの人に教えていただいたりして磨いていってくださいね。私もお手伝いします。





クラウン隊つづきのつづき

昨日はお約束のアップが出来ずに失礼しました。

まだ追加で何枚かご覧いただきたいと思います。

ケアハウスの方々です。この笑顔の研究で、本が何冊も書けそうです。

1

この下3枚はデイサービスの方々です。

2

3

4

クローバーゾーンにも行っていただきました。
残念ながら、カメラの調子が悪かったようで、あまりお見せできるものがありません。
惜しいですね。

6

みなさんには、お客様と同じ食事を召し上がっていただきました。
この日は天津丼。お味はいかがだったでしょうか。私としては、キッチン特製梅酢の浅漬けがおススメでした。

5

食後はパッチさんとのトークタイム。

7

全員での記念写真です。

8

またおいでくださるのを楽しみにしています。ありがとうございました。
突然ピエロがやってくるのって、すてきですよね。



パッチさんとクラウン隊 つづき

昨日のお約束通り、写真をアップします。

ぞくぞくと、不思議な人たちがまきば園にやってきました。

1

2

42人のメンバーは、あらかじめグループを作ってきてくれて、まきば園のスタッフが、そのグループごとに、園内各所にご案内しました。

特養一階の方々です。

3

4

ケアハウスの方々です。

5

みなさん、とても素敵な笑顔を見せて下さいました。

6

私は写真を見て、一層不思議に思いました。

7

どうしてみなさん、こんな自然ないい笑顔を見せて下さるのでしょうか。

大きなパッチさんは、小柄なお客様は抱きかかえてしまいます。

8

これはパンツの行進の直後です。
みなさんの表情がとても素敵なんです。

10

写真はとても一度にはアップできませんでした。
また、あした!です。

ご覧の皆さんも、不思議な笑顔はどこから来るのか、考えてみませんか。ピエロの格好をしていれば、笑顔が出るわけではないし。笑うことに不安がない笑顔ですよね。

また、明日も素敵な笑顔をご覧ください。







クラウン隊がやってきた!

今日、まきば園にはたくさんの不思議なお客様がおいでになりました。

映画にもなったパッチ・アダムスさんとクラウン隊のみなさんです。
大型バスから降りてくるところから、もう、クラウンになりきって、お客様の間に入って行ってくださいました。

私はパッチさんについて回ったので、今日お見せする写真は、パッチさんが中心の「穏やかな」写真です。明日以降、大勢のクラウン隊の方々の写真をご覧いただきたいと思います。

まずはケアハウスの方々のところにご案内しました。
突然、食事中の方の箸を取って、お客様の口にご飯を運ぼうとしましたが、失敗!逆にお客様が、パッチさんの口にお吸い物の具を運んでくださいました。

1

みなさんのこの笑顔!
ここで私もパッチさんの大型パンツに入って行進したのですが、自分のカメラには、ラッキーなことに収まっていません。

2

たくさんの方々とキスをし、ハグをし、私はお客様がこんなに積極的だとは、夢にも思いませんでした。
その様子はまた明日。

その後、特養の2階に行きました。パッチさんのご希望で、お部屋からなかなか動けない方々のところにご案内しました。

3

ベッド脇に椅子を寄せて、頬をさすって、自己紹介から始まりました。お客様のお名前を何度も呼んで、歌を耳元で歌いました。アコーディオンがとても素敵でした。

8

そんなに長い時間ではないのですが、よくケアの基本といわれる「じっくりと向き合う」のお手本を見たような気がしました。本当に、短い時間です。でも深く、濃い時間でした。

4

そして、めったに表情を変えないお客様の顔が、動きました。

部屋の移動は、歌付きダンスです。

5

リビングに集まっていた方々と、歌を歌い、手拍子を取りました。「ドレミの歌」をパッチさんは英語で、お客様は日本語で歌います。

6

魚を持ってこられたのですが、ちょっと気持ち悪い?!魚で、お客様は逃げ腰です。

7

終了後、お食事を取っていただいて、クラウン隊の方々と一緒に、私達もパッチさんの話を聞きました。

9

興味深かったのは、「なりたい自分になれるのだ」ということでした。
思いきってやれば、失敗はない。クラウンになると決めたら、やれるんだ、と熱く語られました。

11

隣の女性は通訳の方です。

12

大型バスでみなさん、最後まで手を振って夕方のステージ、クレアこうのすに向かいました。42名ものクラウンでした。

今日の写真は、私のカメラだけですので、、明日またアップしますのでご覧くださいね。






演歌と新人

水貴かおりさんと、高瀬みどりさんは、まきば園に来られて何年になるでしょうか。
最初は年1回でしたが、お客様を楽しませてくれるので、何回もおいでいただくようになりました。

岩槻や鴻巣にも出かけて行ってくださっています。

この日はあでやかな着物で、お客様の前に立たれました。

3

なんと飛び入りで、デイサービスの主任のふたり、鯨井さんと出雲さんも踊っています。お客様もご参加です。

4

みなさま、お楽しみいただけましたでしょうか。

1


         



今日ご紹介するのは、介護サービス課の新井雅子さんです。東京福祉大学で勉強して、介護福祉士の資格を取得して、まきば園の一員となりました。一生懸命さがにじみ出る人柄で、先輩職員の期待度も高い新人です。


「感謝の気持ちを込めて」


arai


 4月に社会人になり、初給与を今月(5月)頂くことが出来た。まきば園で働き始めて、自分の夢をかなえることができ、好きな仕事をして頂いた給与は、バイトで頂いたお金とは比べものにならないくらいうれしくて特別な想いがした。その特別な給与で、今までたくさん迷惑をかけお世話になっている両親に、日頃の感謝の気持ちを込めて何をプレゼントしようかすごく悩んだ。
 その結果、母には母の日も一緒にかねて、白いレースのカーディガンをプレゼントした。母に渡すと、その場ですぐに着てくれて、本当に喜んでくれた。
 父には、父の日にポロシャツをプレゼントすることにした。まだ渡していない代わりに、仕事の話をし、働くことの楽しさや大変さについて語り合った。
 また、就職祝いなどを頂いた親戚の方々には、メロンの詰合せを送った。
 今まで、なかなか両親に感謝の気持ちを伝えることが出来ていなかったが、今回このような形で想いを伝えることができ、本当に良かったと思う。初給与を頂いて、働いてお金を貰うことの大変さを知ることができ、改めて両親に感謝をしなきゃいけないと思った。
 これから社会人として、給与を貰う立場になった以上は、一つ一つの仕事に対し、責任を持ち、社会人として恥ずかしくない行動が取れるように意識して生活していきたいと思った。
 そして、今回だけではなく、常に両親や周囲にいる人達に感謝をし、支えられて生きていることを忘れないで、これからも仕事を頑張っていきたいと思った。



お父さまと仕事について話が出来るって、素晴らしいですね。
立派に育ったお嬢さんとお話するお父さまは、お幸せでしょうね。

来年は初給与ではないけれど、母の日、父の日、毎年いいプレゼントが出来るといいですね。




お好み焼きと新人

先週、ショートステイサービスでは、みなさんでおやつにお好み焼きを作りました。その様子をご覧ください。

1

タネを混ぜます。混ぜます。

2

写真を見て、えっ!とびっくりした、肉の量。
随分豪勢ですよね。こういうときは、ぜひ私も呼んでくださいね。

3

この、肉を焼いて、その上にお好み焼きのタネを乗せるのは、どこかの家庭の定番なのでしょうか。土地がらでしょうか。もしかしたら、我が家だけ、そうではないのでしょうか。

4

どんどん出来上がってきました。ひっくり返して・・・・

5

出来上がりでございま~す。

6

ソースの量は、こんなもので良かったでしょうか?
お味はいかがでしたか?


         

今日は荒木夕実さんのご紹介です。
給食サービス課の荒木さんは、行田市内に住んでいる20歳です。今年、埼玉県栄養専門学校を卒業して、栄養士の資格を持ってまきば園の職員となりました。

3

「初給料での両親へのプレゼント」

 私も、晴れて社会人となり、つい先日念願の初給料を頂くことが出来ました。社会人になるまで育ててくれた両親にはたくさんの感謝でいっぱいです。つい最近まで学生で、数えきれないくらいの迷惑をかけてしまった両親に恩返しが出来る時が来ました。今までかけた迷惑に比べたら、まだまだほんの一部にしかすぎない恩返しですが、頂いた初給料で私は両親に素敵なレストランにごちそうに連れていってあげたいと思います。食べることが大好きな両親と兄、そして私の4人で、普段家族で外食をする機会が減ってしまったので、久しぶりにみんなそろって普段は食べないようなご飯を食べながらワイワイと家族団らんの時間を過ごせたら良いなと思います。
 また、私はサプライズが大好きなので、何か秘密で他にプレゼントも用意しておきたいと思います。なかなか両親の欲しいものが分からないのですが、二人が喜ぶ物をプレゼントしてあげたいです。兄も今年社会人になったがかりで初給料を頂いたばかりなので、兄とも協力して、子供二人から何か最高のプレゼントが出来たら良いなと思います。
 今まで、「社会人になて初給料をもらったら何しよう・・・」とか考えていたのが、今もう現実になったのかと思うと、とても不思議です。両親へのプレゼントもここまで深く考えていなかったので、いざ現実になると、してあげたいことがたくさん出てきて、とても悩んでしまいました。レストランに連れてってあげて、いつもごちそうになる立場なのに、逆にごちそうしてあげるんだと考えると何だか照れくさいいし、サプライズで両親にプレゼントするなんて、もっともっと照れくさいですが、今までの感謝の気持ちが伝わる様に、そして両親が感動してくれる様に、素敵な時間を過ごしたいです。



なんだか、ホンワカとした荒木家の皆さんのお顔が、目に浮かぶ感じですね。「たくさんの迷惑」って、なんでしょう?荒木さんはそんな悪いコには見えませんよね。

それで、結局、何を食べに行ったのか、どんなサプライズだったのか、後でこっそり、教えてくださいね。



リース、タペストリーと新人

みなさんは、特養2階の新しい飾りつけはご覧になりましたか?

北側の廊下には個室が並んでいますが、そのドアの間にリースを飾りました。

1

以前ドライフラワーのアレンジメントをご指導いただいていた田代輝都先生の作品です。

2 3 4 5 6 7

一緒に「みどり」の部屋の脇の大きなヒマワリのリースもお花を足してリニューアルしました。

8

また、ハワイアンタペストリーがしばらく壁から外れていましたが、全て防炎加工が整いまして、安心して飾れるようになりました。

9

廊下をぐるりと回るお客様の気持ちが、少しでも楽しくなるといいなあと思います。


         


今日ご紹介するのは、総務課の栗原千秋さんです。出身は栃木県壬生町。東洋大学を卒業した22歳です。受付に座っていることもあるので、緊張した彼女の顔に見覚えのある方も多いことでしょう。

2


「新社会人として」

 まきば園に入職して、早2ヶ月がたちましたが、私がこうしてまきば園で働けることが決まるまでに、多くの心配と苦労を両親にかけてきました。というのも、私は、大学3年の夏頃から就職活動を始めたのですが、世の中では、百年に一度の不景気といわれ、なかなか思うように就職の試験を進めずにいました。大学時代でも現在と同様に、一人暮らしであったため、顔が見えない分両親の心配も大きかったことと思います。しかし、そんな私に両親は何も言わず、黙って私の成り行きを見守ってくれていました。そして、時には求人の情報や試験の案内などを見せて「こんなのもあるみたいだよ」と提案してくれるなどさりげなく応援をしてくれていました。私はそういったアドバイスをもらうたびに、早く安心させてあげたいという気持ちを強く感じていました。
 ようやく、2月にまきば園への入職が決まり両親はとても喜んでくれましたが、それと同時に一人暮らしをしながら働くということに対して、当初は本当にやっていけるのかという様な不安も口にしていました。
 自分自身、初めての仕事であり、慣れないことばかりで、目の前のことをこなすだけで精一杯ですが、早く両親を安心させてあげられるような立派な社会人になりたいと思います。
 私は、そんな二人に仲良く私の社会人としての成長を見守って欲しいという願いを込め、いただいた初任給で両親にワインとペアのワイングラスをプレゼントしました。改めて両親に贈り物をするということに照れくささもありましたが、二人共がとても喜んでくれ、感慨深そうにしているのを見て、贈って良かったなと感じました。



栗原さん、ご自宅までは車で1時間くらいでしょうか。電車だともっとかかりそうですね。ご両親が待っていらっしゃるでしょうから、こまめに帰ってあげてくださいね。





梅と新人

今日は日曜日、休みなのにゴルフにもいかず、久しぶりにゆっくりしました。
午後、まきば園に寄ったら、一昨日いただいた梅を早速シロップにするためにみなさんで作業をしてくださっていました。

ケアハウスのお客様です。

1

特養やショートステイのお客様も手伝って下さいました。

2

一心不乱に、梅に穴を開けてくださいます。

3

フォークを使う方もいらっしゃいます。

4

こんなに細かい穴なんです。

5

しばらくすると、美味しい梅ジュースが出来上がります。私はお手伝いを何もせずに、出来上がりだけを楽しみにしています!

        

4月の新人には、初任給(5月10日支給)を渡す時に、お世話になったご両親、ご家族にプレゼントをするように話しています。その結果報告の締め切りが5月末でした。

順にみなさんにも、ご紹介を含めて読んでいただきたいと思います。漢字の使い方から言い回しまで、ご本人が書いたままですので、ご了解ください。

まず今日は、介護サービス課の長谷川雄紀さんです。
長谷川さんは羽生高校卒業の20歳です。特に学校で介護の勉強をしてきたわけではありませんが、熱心に先輩職員の指導を受けて、仕事に取り組む姿勢は、高い評価を受けています。

1

 「初給料」

 平成22年4月1日に、まきば園に入社しました。今まで両親に大変迷惑をかけてしまいました。なので、高校を転入し、5年も高校生活をしていた私を雇って下さったまきば園での初給料で、何かプレゼントをしようと思いました。
 5月10日に、園長から給料明細をいただきました。その後、次の日が公休だったため、次の日から動き出しました。朝から買い出しに行き、手料理をごちそうしようと思いました。あまり人に作った事がなかったので、とても緊張しました。実際、とても美味しいと言って下さったので良かったです。その後、ケーキも買っておいたので、家族みんなで食べました。手料理だけでなく、母の日にはカーネーションを渡し、父には、手料理をした次の日に良く行く個人経営の焼肉屋で、ごちそうして上げました。二人とも、とても喜んでくれたので、本当に良かったです。なので、これからも両親にいろいろとしていこうと思いました。



長谷川さん、ご両親への感謝をこれからも忘れずにね。
でも、手料理は何を作ったのかなあ?



水城公園の梅

今年も、行田市から梅をいただきました。とてもきれいな梅、34Kgです。

「産地」(?)は、行田市水城公園と、古代蓮公園です。

5

ちょっと写真ではわかりにくいのですが、行田ケーブルテレビさんが取材に見えました。埼玉新聞さんも記事にしてくれるかもしれないそうです。

4

行田市長もおいでになり、直接お客様に梅を手渡してくださいました。

1

梅を前に、市長を囲んで記念の一枚です。

2

最後は握手をしてくださいました。

3

いただいた梅は、ケアハウスの方とキッチンが、梅シロップと梅干しにしてくれます。出来上がりを楽しみにしています。




かわいいお客様

今日は、とってもかわいいお客様がおいでになりました。

4

育児休暇中の安西さんと、4月30日に生まれたての彩季(さき)ちゃんです。

1

かわいい手、でも、長くて素敵な指です。すうーっと伸びていますね。将来はピアニストでしょうか。

2

みんなに触られ、抱っこされ、落ち着かなかったと思いますが、しっかり寝ていました。大物ですね。

3

安西瑞穂ママは、二人目のお子さんに恵まれて、充実した毎日ですね。

じっくりとお子さんと楽しく過ごしてくださいね。まきば園でも、一層心が強く、大きくなった、安西さんの来年の復帰を待っています。



プロフィール

根岸節子

Author:根岸節子
老人ホーム「まきば園」の毎日をつづります!

最新記事
マイナビエントリー受付中!
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。