FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アレグレット交響楽団


今年も、オーケストラ「アレグレット」の皆さんがおいでになりました。

24060615_20120606173659.jpg

気軽に音楽を楽しもうという方の集まりで、若い方の多いグループです。

アレグレット交響楽団

もう、ブログにまきば園のことが出ていました。さっそくありがとうございます。

24060616_20120606173658.jpg

皆さん、軽装でさわやかな感じが、お客様にも好評です。

24060617_20120606173657.jpg

お客様もなんだか楽しそうです。

24060627.jpg

誤解を招くかもしれませんが、「若い」って、いうだけで、多分お客様にはとてもうれしいことなのだと思います。

24060618_20120606173656.jpg

バイオリンを立って演奏するなんて、かっこいいですよね。

24060619_20120606173656.jpg

さあ、楽器の紹介です。

24060620_20120606173655.jpg

木管の方々。

24060621.jpg

金管の方々。

24060622.jpg

最後の行進曲では、お客様の手拍子が出ました。

24060628.jpg

演奏する方々も、乗ってきています。

24060623.jpg

アンコールの「青い山脈」で、お開きです。

24060624.jpg

また、来年も、ぜひおいでくださいね。

24060625.jpg

浮島

「浮島」って、みなさん何かご存知ですか?

私はネットで検索しました。

今回も、まきば園ショートステイのスイーツ担当、カフェめぐりの達人と思える(?)尾曲さんの発案で、素敵なスイーツづくりに挑戦です。

メレンゲを大量に泡立てて、2種類の口当たりをドッキングさせた和菓子が「浮島」だそうですよ!

24060601.jpg

さあ、大量のメレンゲ作りは男性の担当です。

24060602.jpg

片手だって、大丈夫です。

24060603.jpg

女性陣は楽しそうですね。

24060604.jpg

こちらは、型の準備です。

24060605.jpg

泡立ったメレンゲにいろいろ混ぜ込んでいきます。

24060606.jpg

今回はフルーツやらあんこやら。
いったいどんなものが出来上がるのでしょう。

24060607.jpg

出来上がったものを、カップに流し込んでいきます。

24060608.jpg

蒸し器に入れます。

24060609.jpg

出来上がりです

24060610.jpg

さあ、お茶と一緒にどうぞ。

24060611.jpg

おいしくって、紙までなめちゃいますね。

24060612.jpg

スタッフの話では、ハンパでなく甘かった  らしいです。

24060613.jpg

でも、この笑顔。

24060614.jpg

甘いものは、人を元気にしてくれるばかりでなく、笑顔にもしてくれますね。


 

今年の新人さん その2


前回に引き続き、新人さんのご紹介です。


「親孝行とは」 給食サービス課  中島 育美

24060405.jpg

 まきば園で約1ヶ月間、慣れない環境ながらも頑張って働いて頂いた初給料は、とても嬉しかったです。
 その初給料で、父と母にプレゼントをしました。父はお酒が好きなので日本酒を、母にはシャネルの香水を渡しました。プレゼントをするなら普段買わないものをと思い、少し奮発しました。父母共に喜んで「有難う」と言ってもらえて、良かったです。
 また、前のアルバイト先のラーメン屋に、家族で食事に行き、御馳走しました。
 アルバイトをしていた当時にも家族で行こうという話が出たことがありましたが、その時は少し恥ずかしいという気持ちがあり、行けませんでした。
 家族で食事をして、先ず、家族皆で食事をするのが久しぶりだということに気づきました。夫々仕事や学校、アルバイト等で中々時間が合わなかったのですが、家族皆で食事をするのは良いなと改めて思いました。
 店長やアルバイト先の人、お客さんから、「仕事頑張ってね」と言われて、応援してくれている人がこんなにもいるということを感じ、感動しました。
 初給料を頂き、この様に使って良かったと思いました。
 今、元気に生活し、働けているのは、今まで育ててくれた両親のお陰だと思います。又、私が料理に携わる仕事に就いたのは、料理好きな母の影響であるので、この仕事に就けたことに感謝しています。
 仕事を頑張ることは自分の為だけでなく、親孝行にもなるのではないかと思いました。
 普段の生活では親孝行をする機会があまりなかったので、行事の時だけでなく、普段から行っていきたいです。
 まだ仕事をして2ヶ月ですが、早く一人前になり、また、初心と感謝する心を忘れずに頑張りたいと思います。

   

「感謝の気持ち」 ショートステイサービス課  岩本 くるみ

24060406.jpg

 私は、高校1年生の冬に父親を病気で亡くしています。なので今は母親と二人で暮らしています。
 最愛の夫を亡くしてしまった母は毎日のように泣き、昔のような笑顔がなくなってしまい、私はどうしたら良いのか、どう話せば良いのかわからなくなってしまった時期がありました。自分の中でよく考えてみて今、私にできることは一緒にいてあげる事だと気づき、母との時間を大切に過ごしてきました。それからは、母の笑顔も戻ってきました。最近では、温泉や買い物に出かけたりと、とても仲良しです。
 先月の25日、母の誕生日でした。そこで私は、新人研修のお給料と高校生の頃、アルバイトしていたときのお給料で、ガーデニングセット、欲しがっていたサンダル、1ホールのケーキをプレゼントして、外食と温泉に連れて行きました。母はすごく喜んでくれて、しきりにありがとうと言っていました。4月分のお給料では、家にお金を入れるので母の日に、花束と温泉に連れて行くことしかできなかったけれど、気持ちが嬉しいと母が言っていました。
 これからもたまには何かプレゼントしたりどこかへ連れて行き、母にさみしい思いをさせないように大切にしていこうと思います。

   

「初任給を頂いて」 介護サービス課  関 真理依

24060408.jpg

 5月10日、まきば園にて初めてのお給料を頂いた。前々より、お給料を頂いたらまず、親を連れて食事に行こうと考えていました。
 そして、5月13日が、母の日という事もあり、両親と私で以前にアルバイトをしていたしゃぶしゃぶ屋さんに話し合いの結果行く事になって私の運転で、しゃぶしゃぶ屋さんへ向かいました。
 私は、去年の9月より、実家を出てしまっているので、なかなかゆっくりと両親と会話が出来なかったのですが、その日はゆっくりと久々に会話を楽しむ事が出来ました。
 そして、もう一つ両親にプレゼントを用意しておいた物を渡して、感謝の気持ちを伝え「ありがとう」としっかり言えました。そうすると、涙を流してしまって「嬉しい」などと言っていてとても喜んでもらえたかなと思いました。今までの23年間親孝行らしい様な事が出来なかった為、今回この様な機会に親と一緒に食事に行く事が出来て、また近いうちに食事へ行ったりして親孝行していけたら良いなと思いました。その為にも、まきば園で一生懸命働いていきたいと思います。

   

「感謝の気持ち」 ショートステイサービス課  漆原 麻優

24060407.jpg

 初めてのお給料を頂いた時、社会人になって1ヶ月たったんだととても嬉しくなりました。初めてのお給料でお世話になった人に何かしたいと思いました。私は片親で母親はいませんが、祖母、叔母が大切に大切にいままで育ててくれました。五月は母の日があったので、箸と手作り料理をプレゼントしました。毎回“母の日なんて私には関係ない。”と思っていましたが、祖母と叔母は私を娘のように育ててくれました。私には母親が2人居てくれているようで本当の母が居なくてもとても幸せでした。そんな2人にいままで感謝の気持を表せなかったので、プレゼントをした時とても恥しくなりました。ですが、とても嬉んでくれたので良かったです。これからはここまで支えてもらった分、少しずつ恩返しができたらいいなと思いました。
 まだ働きだして2ヶ月位しかたっていません。まだまだ未熟なのでもっと経験をかさねて、立派なスタッフになっていきたいです。


    

新人さんたち、疲れがたまってくる頃ですが、オンとオフを切り替えながら、乗り切ってくださいね。

人生は、まだまだ始まったばかりです。









今年の新人さん その1

まきば園では、毎年新人さんたちに初任給でご家族への感謝の気持ちを表してもらっています。
こちらから、何か言わなくても、すでにいろいろと考えているいい子たちばかりです。2回に分けてその様子を書いた作文をお読みいただいて、新人の紹介にしたいと思います。

いつもは写真中心でご覧になる方も、今回は、読んでみてくださいね。

順不同です。


「初感謝」 介護サービス課  井上 大樹

24060401.jpg

 5月10日に社会に出てから初めての給料、初任給をいただきました。1ヶ月間しっかり働いて初めてもらった給料は今までもらってきたお金と違いとても重みのあるものだと感じました。
 その初任給で私は今までずっとお世話になってきた両親に感謝の気持ちを表しました。私は秋田県出身で高校を卒業してから一人で関東に出てきました。おそらく両親は卒業後すぐ地元で働いて欲しかったと思いますが、自分は大学進学を希望し、今は埼玉県で働いています。自分のやりたい事を好きなところで好きなようにやらせてくれているのでとても感謝しています。
 しかし、今まで私は親に対して恥ずかしいという気持ちもあり、「ありがとう」という感謝を表したことがありませんでした。親孝行というものもろくにしたことがありませんでしたが、今回自分にとってとても重みのある初任給を使って感謝の気持ちを形にしました。
 私は今埼玉県に住んでいて両親は秋田県に住んでいるので贈り物をしました。我が家の掃除機は少し古く、音もうるさくてテレビの音とかも聞こえなくなってしまうので音がうるさくない掃除機を買って送りました。
その後両親から連絡がきて、とても喜んでくれているようでした。親に感謝をするのも「ありがとう」と言われるのも初めてだったので照れ臭かったです。
 でもまだ直接会って面と向かって感謝できていないので今度実家に帰ったときは、両親ともお酒が好きなので一緒にお酒を飲みながらきちんと「ありがとう」と感謝の気持ちを伝えたいです。

   

「初任給とこれからの意志」 介護サービス課  寺田 智子

24060402.jpg

入職して1ヶ月半経ちました。最近では一日の流れを覚えることが出来て自分から動けるようになったり、その分初めに比べると心にゆとりが持てお客様との会話でも笑顔が多くなったことが本当に嬉しいです。
 5月10日に初任給を頂きました。まず、父には何か物をプレゼントしようと思いましたが、何も見当たらず、気持ち分のお金を渡しました。祖母へはデパートへ一緒に行ってバッグをプレゼントしました。岩手県に住んでいる母方の祖父母へは大好きな焼酎を送りました。そして私の母は病気で亡っているので仏壇に母の好きな百合の花を飾りました。
 家族には自分の見えない所でも沢山心配をしていると思うし、介護職に努める事を本当に応援してくれています。そして家族以外にも親戚や友人や近所の方々が応援して下さっています。周りの方たちに感謝の気持ちも込めて、これからも介護職を続けていきたいです。そして自分を磨き、明るく、より良い暮らしをお客様に提供出来るよう勤めていきたいです。

   

「家族の笑顔」 給食サービス課  小野澤 幸子

24060403.jpg

私は、4月から社会人となりました。仕事をしていく上で、たくさんの人との関わりを持ち色々な経験をすることができました。
 5月10日に初めてのお給料を手にしました。私は、バイトをしたことはありましたが、十万円以上もらったことはなかったので、初給料を手にした時は、素直に嬉しかったです。
 私は、これからの生活を考えて前々から給料のうちわけを考えていました。初給料を手にした時は、家族に必ず好きなものをプレゼントすると決めていました。日頃の感謝の気持ちや自分で稼いだお金で喜んでもらえることをしたいと思ったからです。
 私は、初給料が25日に振り込まれていると勘違いしていましたが、3月分の給料で家族にプレゼントすることにしました。祖父には、靴下と現金を、祖母には服を、父にはネクタイを、母には財布を、妹には服をそれぞれ好きなものを買いました。家族みんな喜んでもらえました。「成長したね。」と言われ、私は少し照れくさかったです。特に、父のプレゼントのネクタイは、内緒で買ったので選ぶ時に気合いが入りました。なぜネクタイにしたかというと、いくつになってもオシャレを楽しんでクールな父でいて欲しいと思ったからです。父の好みや似合うものを選ぶことは難しかったです。ですが、知人と一緒に悩みながら、父に似合う一番素敵な物を購入しました。父は、
「若者になったみたいだ。ありがとう。」
と、言ってくれました。次の日から毎日そのネクタイをつけて会社に行っています。
 家族の笑顔は、私の心の支えです。これからも、笑顔・愛がたくさんの家族でいます。
 社会人となり、まきば園で色々なことを学び習得しています。仕事が円滑に進んでいくための、人間関係、助け合いの心、協調性、責任感。一番大切なのは、お客様がいらっしゃって私たちが生活できていることを改めて実感し、忘れていはいけないと思いました。

   

「社会人になって」 ショートステイサービス課  長島 麗

24060404.jpg

 私は、社会人になって初めての給料を頂きました。今までは親に何でもかんでもしてもらっていましたが、これからは自分の事は自分でどうにかすると思うと正直不安だらけです。まだ、一人暮らしでは無かったので良かったのですがもし一人暮らしだったら洗濯や掃除はもちろんの事本当に自分一人で全部の事をやらなくてはいけなかったのでまだ良かったです。
 小さい頃から今に至るまで両親にはたくさんの感謝で胸が一杯です。自宅に帰り家族がいるという安心感は自分にとって無くてはならない物だと思いました。改めて感謝しています。
 初任給を頂き、私は家族みんなで焼肉を食べに行きました。家族の嬉しそうな顔と笑っている顔を見ていたら、何だか胸がほっこりしました。自分自身が一生懸命に働いたお金だったので笑っている顔が見れて本当に良かったです。家族の休みなどが合えば毎月とは言えないけど、またご飯に食べに行けたら良いなと思いました。
 その他にも母の日があったので母親に何かプレゼントをしようと思い、本を買いました。私の母は読書が好きなのでとても喜んでくれました。残ったお金は貯金したりしました。少しずつですが今までの大学の費用なども返していけたらなぁと思っています。
 これからはもっともっと親孝行をして両親に長く長く生きてもらいたいです。その為にもこのまきば園でたくさんの知識を学び、介護福祉の資格を取れるように毎日の仕事を精一杯頑張っていきたいです。まきば園に入職できて本当に良かったです。これからもよろしくお願いします。



(続く)



お祝い会


まきば園では、さまざまなお祝い会があります。

5月29日は、昨年度末に資格を取得した方々のお祝い会を大宮で行いました。

まずは、理事長のお祝いの言葉。

24060201.jpg

さあ、今日は中華料理ですよ。
どんなごはんがいただけるのかしら?

24060202.jpg

サービス相談室長の渡辺さんが乾杯の音頭を取りました。
 おう 

鴻巣の若生園長は、ここでご出演。

24060203.jpg

さあ、前菜が出てきました。
ホッキガイは珍しいですよね。中華クラゲも美味。

24060204.jpg

カニとふかひれのスープです。

24060205.jpg

これは、点心とスペアリブの煮物。香辛料がとても効いた、おしゃれなお肉でした。

24060206.jpg
 
さて、ここからが本番。

それぞれにごあいさつしてもらいました。

まずは、介護支援専門員の資格を取った、まきば園の岡島尚さん。

24060207.jpg

岩槻まきば園の新井大介さん。介護支援専門員です。

24060208.jpg

これは、私が頼んだ中国茶です。
百合花籠。きれいですよね。何度差し湯してもらってもおいしくいただけました。

24060209.jpg

こちらは、岩槻まきば園の井原健太さん。介護支援専門員です。岩槻では二人取れました。長年の積み重ねの結果が出ていますね。

24060210.jpg

こちらも岩槻まきば園の荒井美澄さん。
これからが力の発揮のしどころです。頑張ってね。

24060211.jpg

白身のお魚も、さっぱりしておいしかったです。

24060212.jpg

こちらは、まきば園の栗原優美さん。9年目の初挑戦で見事介護福祉士合格です。

24060213.jpg

まきば園のホームヘルプサービス課石橋みどりさんです。
あきらめずに何度も挑戦した頑張り屋さんです。喜びもひとしおですね。

24060214.jpg

鴻巣まきば園の新人、瀬尾真奈美さんです。感極まってウルウル。
介護福祉士取得まで、いろいろ乗り越えてこられたんですね。

24060215.jpg

こちらは、同じく介護福祉士をとられた高見沢美緒さんです。鴻巣まきば園では、もう中心メンバーとして力を発揮してくれています。

24060216.jpg

鴻巣まきば園の吉原明美さんです。介護福祉士合格です。
鴻巣でも、だんだんと増えてきました。

24060217.jpg

合格者最後の登場は、まきば園の中村清志さん。介護福祉士の資格試験を受けるのなら、絶対に一度で合格すると自分で決めて、頑張りました。

24.jpg

続いて、ご相伴にあずかったメンバーのごあいさつ。
まずは、岩槻の森田園長です。

24060218.jpg

まきば園総務課主任の大沢さんです。
ほかにも介護支援専門員、介護福祉士の先輩としてまきば園の本橋さんと、岩槻のサービス相談室長森田さんが参加しているのですが、ごあいさつの写真をとりそこねました。ごめんね。

24060219.jpg

井原さんは、ここで結婚報告です。
おめでた続きですね。

24060220.jpg

最後のデザートです。その前にビーフンいただきました。
実は牛肉と紋甲イカの炒め物とか、クルマエビのレモンマヨネーズあえ、なんておいしいものもいただいています。

24060221.jpg

何はともあれ、おめでとう。

24060222.jpg

資格を生かすも殺すもこれからはご自分次第。
お客様に喜ばれる存在になってくださいね。





ボランティア感謝会

今年も、いつもお世話になっているボランティアさんたちの感謝会を行いました。

24060101.jpg

まずは、理事長からごあいさつです。

24060102.jpg

私も、事業報告書を使って、園の現況をお話ししました。
さて、お食事が運ばれてきました。

私の大好きな茶碗蒸しです。

24060103.jpg

キッチンが、「心を込めて」作った箱膳です。

24060104.jpg

給食サービス課の主任藤井さんです。
「心を込めて」を「力を込めて」と言ってしまったと、悔やんでいました。まあ、でも、間違いではないわね。

24060105.jpg

今日の出来は、いかがですか。

24060106.jpg

炊き込みごはんが、とても好評だったようです。

24060107.jpg

お食事しながら、それぞれのグループにお話しいただきました。

まず、毎週木曜日の「げんきティサロン」のかたがたです。

24060108.jpg

続いて、理容の高橋さんです。

24060109.jpg

こちらは毎週月曜日に洗濯物の整理に来てくださる方々です。

04060110.jpg

皆さんに人気のフラワーアレンジメントの長谷川先生です。

24060111.jpg

傾聴ボランティア「福耳倶楽部」の方々です。

24060112.jpg

「福耳倶楽部」の活動は、本当にありがたいなあと思っています。

24060113.jpg

でも、福耳倶楽部に限らず、ボランティアさんはみなさん、お客様とお話ししてくださるので、とてもありがたい存在です。

こちらはショートステイで、レクレーションのお手伝いを主にしてくださる方です。

24060114.jpg

こちらの方々も、洗濯物の整理をしてくださったり、大量のミシン掛けをこなしてくださいます。

24060115.jpg

濱中さんは、おなじみキーボードの弾き語りできれいな歌声を聞かせてくださいます。

24060116.jpg

ここからは、ケアハウスのお客様です。

24060117.jpg

いつもお片付けのお手伝い、ありがとうございます。

24060118.jpg

本当に、着物をきれいに着こなされますね。

24060119.jpg

いつも楽しいごあいさつをいただきます。

24060120.jpg

畑の先生です。
でも、職員は食べるだけです。すみません

24060121.jpg

穏やかに、まきば園を見守ってくださり、ありがとうございます。

24060122.jpg

お元気の秘訣は、やはり、ほかの方のために何かすることでしょうか。

24060123.jpg

今度は職員からお礼の言葉です。
介護サービス課主任の町田です。

24060124.jpg

ショートステイサービス課の福田です。
お礼だけでなく、引き続きのお願いもちゃっかりと。

24060125.jpg

最後の最後は、差^-ビス相談室長の渡辺から、お礼を申し上げました。

24060126.jpg

まだまだボランティアさんはいらっしゃいます。いつもありがとうございます。
今回は例年以上にたくさんご出席いただいて、うれしかったです。

まきば園のお客様へのお世話に、一味もふた味もスパイスを利かせておいしくしてくれるボランティアさんは、大切な存在です。
今後ともよろしくお願いたします。



プロフィール

根岸節子

Author:根岸節子
老人ホーム「まきば園」の毎日をつづります!

最新記事
マイナビエントリー受付中!
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。