FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年の新人さん その1

まきば園では、毎年新人さんたちに初任給でご家族への感謝の気持ちを表してもらっています。
こちらから、何か言わなくても、すでにいろいろと考えているいい子たちばかりです。2回に分けてその様子を書いた作文をお読みいただいて、新人の紹介にしたいと思います。

いつもは写真中心でご覧になる方も、今回は、読んでみてくださいね。

順不同です。


「初感謝」 介護サービス課  井上 大樹

24060401.jpg

 5月10日に社会に出てから初めての給料、初任給をいただきました。1ヶ月間しっかり働いて初めてもらった給料は今までもらってきたお金と違いとても重みのあるものだと感じました。
 その初任給で私は今までずっとお世話になってきた両親に感謝の気持ちを表しました。私は秋田県出身で高校を卒業してから一人で関東に出てきました。おそらく両親は卒業後すぐ地元で働いて欲しかったと思いますが、自分は大学進学を希望し、今は埼玉県で働いています。自分のやりたい事を好きなところで好きなようにやらせてくれているのでとても感謝しています。
 しかし、今まで私は親に対して恥ずかしいという気持ちもあり、「ありがとう」という感謝を表したことがありませんでした。親孝行というものもろくにしたことがありませんでしたが、今回自分にとってとても重みのある初任給を使って感謝の気持ちを形にしました。
 私は今埼玉県に住んでいて両親は秋田県に住んでいるので贈り物をしました。我が家の掃除機は少し古く、音もうるさくてテレビの音とかも聞こえなくなってしまうので音がうるさくない掃除機を買って送りました。
その後両親から連絡がきて、とても喜んでくれているようでした。親に感謝をするのも「ありがとう」と言われるのも初めてだったので照れ臭かったです。
 でもまだ直接会って面と向かって感謝できていないので今度実家に帰ったときは、両親ともお酒が好きなので一緒にお酒を飲みながらきちんと「ありがとう」と感謝の気持ちを伝えたいです。

   

「初任給とこれからの意志」 介護サービス課  寺田 智子

24060402.jpg

入職して1ヶ月半経ちました。最近では一日の流れを覚えることが出来て自分から動けるようになったり、その分初めに比べると心にゆとりが持てお客様との会話でも笑顔が多くなったことが本当に嬉しいです。
 5月10日に初任給を頂きました。まず、父には何か物をプレゼントしようと思いましたが、何も見当たらず、気持ち分のお金を渡しました。祖母へはデパートへ一緒に行ってバッグをプレゼントしました。岩手県に住んでいる母方の祖父母へは大好きな焼酎を送りました。そして私の母は病気で亡っているので仏壇に母の好きな百合の花を飾りました。
 家族には自分の見えない所でも沢山心配をしていると思うし、介護職に努める事を本当に応援してくれています。そして家族以外にも親戚や友人や近所の方々が応援して下さっています。周りの方たちに感謝の気持ちも込めて、これからも介護職を続けていきたいです。そして自分を磨き、明るく、より良い暮らしをお客様に提供出来るよう勤めていきたいです。

   

「家族の笑顔」 給食サービス課  小野澤 幸子

24060403.jpg

私は、4月から社会人となりました。仕事をしていく上で、たくさんの人との関わりを持ち色々な経験をすることができました。
 5月10日に初めてのお給料を手にしました。私は、バイトをしたことはありましたが、十万円以上もらったことはなかったので、初給料を手にした時は、素直に嬉しかったです。
 私は、これからの生活を考えて前々から給料のうちわけを考えていました。初給料を手にした時は、家族に必ず好きなものをプレゼントすると決めていました。日頃の感謝の気持ちや自分で稼いだお金で喜んでもらえることをしたいと思ったからです。
 私は、初給料が25日に振り込まれていると勘違いしていましたが、3月分の給料で家族にプレゼントすることにしました。祖父には、靴下と現金を、祖母には服を、父にはネクタイを、母には財布を、妹には服をそれぞれ好きなものを買いました。家族みんな喜んでもらえました。「成長したね。」と言われ、私は少し照れくさかったです。特に、父のプレゼントのネクタイは、内緒で買ったので選ぶ時に気合いが入りました。なぜネクタイにしたかというと、いくつになってもオシャレを楽しんでクールな父でいて欲しいと思ったからです。父の好みや似合うものを選ぶことは難しかったです。ですが、知人と一緒に悩みながら、父に似合う一番素敵な物を購入しました。父は、
「若者になったみたいだ。ありがとう。」
と、言ってくれました。次の日から毎日そのネクタイをつけて会社に行っています。
 家族の笑顔は、私の心の支えです。これからも、笑顔・愛がたくさんの家族でいます。
 社会人となり、まきば園で色々なことを学び習得しています。仕事が円滑に進んでいくための、人間関係、助け合いの心、協調性、責任感。一番大切なのは、お客様がいらっしゃって私たちが生活できていることを改めて実感し、忘れていはいけないと思いました。

   

「社会人になって」 ショートステイサービス課  長島 麗

24060404.jpg

 私は、社会人になって初めての給料を頂きました。今までは親に何でもかんでもしてもらっていましたが、これからは自分の事は自分でどうにかすると思うと正直不安だらけです。まだ、一人暮らしでは無かったので良かったのですがもし一人暮らしだったら洗濯や掃除はもちろんの事本当に自分一人で全部の事をやらなくてはいけなかったのでまだ良かったです。
 小さい頃から今に至るまで両親にはたくさんの感謝で胸が一杯です。自宅に帰り家族がいるという安心感は自分にとって無くてはならない物だと思いました。改めて感謝しています。
 初任給を頂き、私は家族みんなで焼肉を食べに行きました。家族の嬉しそうな顔と笑っている顔を見ていたら、何だか胸がほっこりしました。自分自身が一生懸命に働いたお金だったので笑っている顔が見れて本当に良かったです。家族の休みなどが合えば毎月とは言えないけど、またご飯に食べに行けたら良いなと思いました。
 その他にも母の日があったので母親に何かプレゼントをしようと思い、本を買いました。私の母は読書が好きなのでとても喜んでくれました。残ったお金は貯金したりしました。少しずつですが今までの大学の費用なども返していけたらなぁと思っています。
 これからはもっともっと親孝行をして両親に長く長く生きてもらいたいです。その為にもこのまきば園でたくさんの知識を学び、介護福祉の資格を取れるように毎日の仕事を精一杯頑張っていきたいです。まきば園に入職できて本当に良かったです。これからもよろしくお願いします。



(続く)



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

根岸節子

Author:根岸節子
老人ホーム「まきば園」の毎日をつづります!

最新記事
マイナビエントリー受付中!
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。